スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. 魂と心のしくみ
  2. 354 view

ソウルメイトと【素敵な関係になれる】シンプルな方法

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(8月は19日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎真実の愛と絆を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

真実の愛と絆を想い出し
使命を全うできる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

「パートナー」

とにかくはじめは、すれ違いと誤解ばかりだ。

何をしたら嫌で、何をしたら喜ぶのか
何を大事にしていて
どんなものが優先順位が高いのか
初めはわからないものだ。

人は時にそれを
「パートナー間の問題」にし
心不安定な日常を送る。

逃げたくもなるだろう。

パートナーとの関係は魂の学びのひとつだ。

学びを得ている期間においては
基礎期間、応用期間、発展期間、
期末テストや補習もある。

基礎期間はパートナーに向き合うことで
自分の素直な気持ちや本音を呼び覚ましていく時期。

相手が向き合ってくれないことから
楽しいことだけでなく
苦しいことや
虚しいことも
でてくるかもしれない。

一見悪い関係性になっていると
見えるときもあるかもしれない。

そんなときこそ深呼吸して全体を見渡そう。

向き合うことを継続していくなかで
素直な気持ちや本音が呼び覚まされるキッカケになる。

応用期間は浮上した素直な気持ちや本音から
問題の真実を探しパートナーと修正していく時期だ。

この世の原理である
ソウルメイトの観点からしても
パートナーとの間で起きる問題は
良き人間関係に修正する真実を教えてくれる。

問題のなかには個々の魂が持つ
カルマの解消を促すための
学びも含まれている。

故に
お互いに素直な想いを出し合い
向き合うことで
個々に大事にする想いや価値観に伴う
行動の理解が深まり
パートナーとの関係が改善していく。

ここまでくると改善の一方向しかないように
思えてくるかもしれないが実はそうでない場合もある。

応用期間を経て魂の学びが終わると
お互いの魂は更なる成長を望むべく
離れていく場合も出てくる。

常に個々の魂を成熟させるため
働きかけるソウルメイトは
ときには別れもひとつのプロセスとして
選択するからだ。

そんなときは相手に感謝しつつ
離れる努力をしていきましょう。

お互いの未来のために。

相手を通して本来の自分を思い出せば
最後の発展期間に突入する。

支え合いが可能になり
苦しいことや悲しいことがあっても半減し
楽しいことや嬉しいことも共有できるようになる。
共有される感動や思い出も増えてくる。

その人が居てくれるだけで
頑張れる気持ちになったり
幸せな気持ちになったり
愛に満たされる。

別れを選択した魂は
次のパートナーへと向かう。

新しい道が開けてくるだろう。

大事にしたいと思える人がいるって
素晴らしいこと。

あなたなら出来る !!

魂の学びが得られる
素敵なパートナーシップを
築いてみてくださいね。

◇◆~event~◆◇

《全国》
◎半期に一度のプレミアム大禊!お彼岸遠隔先祖ヒーリング 秋彼岸
詳細はこちら

魂と心のしくみの最近記事

  1. 宇宙が教える恨みを鎮める方法とは

  2. 優しいあなたは、もうあなた罪悪感を手放すとき!

  3. あなただけが請け負う 『無力感』 卒業しませんか?

  4. 必ず思い出せる。魂が持つ『基本的信頼』と人生の幸せを

  5. 「自立」と「依存」の子供心〜親が指し示す自立の灯火までは距離がある〜

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. メディア

    『1』がすべて揃う日に出版社が決まりました!
  2. 弥勒の世へ行くために

    仏さまの心と向かい合うと自分の心が見えてくる
  3. 弥勒の世へ行くために

    ツインソウルが教える 人生が幸せへと覚醒する宇宙の法則
  4. 弥勒の世へ行くために

    私たちツインソウルのお役目 【魂が望む本来の生き方を創る ラ…
PAGE TOP