スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. 魂と心のしくみ
  2. 109 view

もしもあなたが失敗をしたら・・・

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(9月は16日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎真実の愛と絆を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

真実の愛と絆を想い出し
使命を全うできる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

眞證、失敗をしました。
仕事がらみでのミスで。

数年ぶりのことだったので、久々に凹みました。

ミスに気づいた時、心の中で(やっべ、やっべ・汗)とヤバさ連発しましたが、すでに後の祭り。
すぐに先方に謝罪の連絡をし、実際に謝罪にも行きました。

おかげで事なきを得て、信頼も失わずに済みました。

逃げも隠れもせずに、速攻謝って良かった!

人は誰しもミスを犯します。
そこで誠意を見せるのも、もみ消しに走るのも選択できるのが人間なのですが・・・。

ごまかそうとしたり、他人のせいにしようとしたり、失敗自体をもみ消そうとする傾向が日本人にあるように感じます。

頑張って良い言葉にすると、自分を守るため、と表現できます。

しかし隠された意識では、

・目先の利害関係を重視する
・失敗を非難、追求されることを恐れる
・社会的地位を失うことを恐れる

という、エゴの思考が働くため。

そして奥の潜在意識では「嫌われたくない!」という、自身の存在の否定を避けるための思いが働いているためです。

しかし、「もみ消し」は避けた方が良い。
ミスを誰にも報告せずに、すべてを自分で修復し、体面を保てたと思ったら大間違い。失敗の影響範囲は、大抵あなたが考えているよりもずっと大きいものです。

今回私が先方と信頼関係を保てたのは、言い訳せずに誠意を持って素直に謝罪したからでした。
90年代初頭にブームとなった、日光さる軍団の猿を思い出してください。
「反省!」の掛け声と共に、手をついて反省する猿。
私はあの猿になりました(笑)
その素直なエネルギーが先方に届いたわけです。

『素直』とは、我々の中にある魂と上とが直接繋がるエネルギーです。

我々の魂を生み出してくれた元(素)の神と、その神からの分魂(わけみたま)である人の魂が直接繋がる想いを発した時。
あれやこれやと難しい理由など一切なしに、その想いは相手に伝わります。

故に『素直』に謝罪することは、とても大切なのです。

また素直なエネルギーは、『信頼』エネルギーと非常に仲が良いです。
元(素)の神と直接繋がるエネルギーが相手の魂に届くことにより、魂同士が神の波動で共鳴します。
この共鳴こそが、三次元世界ではお互いへの『信頼』となるのです。

眞證の魂の資質のひとつに『信頼』があります。
素直に自分を表現することを恐れる多くの日本人は、人と信頼関係を築けずに生きていて、それが当たり前の世の中になっています。

「何か違う・・・」
もしも今、あなたがこんな疑問を持ちながら孤独感を味わっていたら。
あなたは素直に信頼できる神の力が働いている人と繋がりたいと、潜在意識で望んでいるのかもしれません。

その望み。
叶えてあげるよう、自分に素直に行動してみても良いのではないでしょうか。

◇◆~event~◆◇

《全国》
◎半期に一度のプレミアム大禊!お彼岸遠隔先祖ヒーリング 秋彼岸
詳細はこちら

魂と心のしくみの最近記事

  1. 心の器、本来の本音。

  2. 『頑張りモード』から『のほほんモード』へ

  3. 本当は存在しない、いつも『いい人』

  4. 成長したい魂が大好物のものは何?

  5. 心の安定エネルギーは、本当の自分を知ることから

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 弥勒の世へ行くために

    カチコチの心と体が緩む「ふ」の魔法
  2. 魂と心のしくみ

    心の器、本来の本音。
  3. 弥勒の世へ行くために

    お金は魂の◯◯のために循環させましょう
  4. 弥勒の世へ行くために

    楽しい!魂が望む本当の人生を生きる学びと実現を、あなたへ
PAGE TOP