スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. 弥勒の世へ行くために
  2. 114 view

本当にこれでいいの?幸せな家族になるためにやめること 【前編】

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(6月は16日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎自己信頼と愛を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

自己信頼と愛を想い出し
魂のままに生きる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

本当にこれでいいの?幸せな家族になるためにやめること【前編】

「夜は何時に子どもを寝かせるのが本当はいいの?」

「知識を得るためにテレビは好きなだけ見せていいの?」

「おこづかいはどれくらい渡してあげればいいの?」

子育てのちょっとした疑問や悩みばかりですが、初めて子どもを育てる母親にとっては、どれもこれも頭を悩ませ、不安がつきまとう問題ですよね。

他のちょっとしたことでも、

「本当にこれでいいの?」

という心配が常に出てくるのではないでしょうか。

父親や祖父母が不在で相談する人が周りにいなくなっている核家族、単身赴任の夫婦のような、家族がバラバラの生活をしている現代。

そして、何が良くて何が悪いのか判断できなくなっているこの社会。

「こうすればいいんだ」

という基準がないために、自分の判断に自信が持てなくなっていても当然です。

生活や子育ての基準は、本来父親と母親がじっくり話し合い、わからなければ家族みんなに聞いて、その家なりに決めていくものです。

でもほとんどの家庭では、父親の役割である夫に相談しても面倒がるだけ。
挙げ句の果てには、子育ては母親の仕事だという男性もまだ居るのが現実です。

そうすると、母親はすべての「ルールブック」
にならなければならないわけですから、不安になるのも当然です。

自信がないまま、その場しのぎで判断を下していかなければならない。

中には、「お母さん、いつも言っていることが違う」
などと、子どもから指摘される日もあり、本末転倒になってしまいますよね。

私・眞證が相談に来られる方から感じ、声を大きくして伝えたいことがあります。

母親ひとりが決めた家庭のルールだけでは、家族のルールの柱はなかなか築き上げられません。

また、親がどうすればいいかと迷っていれば、子どもが迷うのも当然で、親の自信のなさや不安を、敏感な子どもはすぐに察してしまいます。

やがて、家族のひとりひとりが、自分たちにしっかりした「根っこ」がないことに、不安感を抱くようになってしまうのです。

後編へつづく

LINE@の登録はこちらから↓
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてください)

◇◆~event~◆◇

《名古屋》
◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(6月は16日)

《限定企画!東京版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 東京真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】7月・8月募集!出張ツインセッション in ヒルトン東京お台場 残り5枠!!
詳細はこちら

《限定企画!大阪版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 大阪真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】7月・8月募集!出張ツインセッション in ヒルトン大阪 残り2枠!!
詳細はこちら

弥勒の世へ行くためにの最近記事

  1. 人に助けを求めることを、恐れず良しとする!

  2. 幸せの花を咲かせるために

  3. 本当にこれでいいの?幸せな家族になるためにやめること 【後編】

  4. 本当にこれでいいの?幸せな家族になるためにやめること 【前編】

  5. ひとつを選択すれば、新しい極みの道が拓ける

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 魂と心のしくみ

    必ず思い出せる。魂が持つ『基本的信頼』と人生の幸せを
  2. 弥勒の世へ行くために

    人に助けを求めることを、恐れず良しとする!
  3. 弥勒の世へ行くために

    幸せの花を咲かせるために
  4. メッセージ

    あなたの本心からの声を聞かせてほしい
PAGE TOP