スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. 弥勒の世へ行くために
  2. 132 view

人に助けを求めることを、恐れず良しとする!

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(7月は21日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎自己信頼と愛を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

自己信頼と愛を想い出し
魂のままに生きる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

人に助けを求めることを、恐れず良しとする!

どうやっても、自分1人では乗り越えられそうにない困難に見舞われた時。

「自分を助けてくれる人なんていない」
「ひとりで頑張るのが当たり前」

そう結論づける前に、あなたの周りを見渡してみませんか?

あなたからのSOSを待ってくれている人が、手を差し伸べてくれている人が、きっといます。

頼っていいのですよ、その人に。

謙虚を美徳とする日本人の文化は、一方で『我慢』のエネルギーを潜在意識に強いてきました。

ですから

「もっと人に頼っていいんですよ」

と言うと、

「頼るって、どうすればいいのかわからない」

そんな答えが多くの人から返ってきます。

思いやりの日本人と外国に賞賛されながら、実のところ潜在意識は、とても孤独を抱えている。

そう感じてなりません。

ちょっとリセットして、あなたが誰かに何かを任された時のことを思い出してみましょう。

幼い頃でも、大人になってからでも構いません。

それは、おつかいでしょうか。

ちょっとした家事でしょうか。

それとも、バイトや社員としての仕事でしょうか。

任されるということは、『この人なら大丈夫』と信じてくれた人が、あなたを頼ってくれたからなんです。

(決して命令ではないのですよ?)

そんな風に、あなたに信じてもらって、頼ってもらいたい人がそばにいます。

すぐには信じられないかもしれません。

もしかしたら助けを求めた人が、機嫌が悪いかもしれません。

それでも、あなたが本当に困った時、

『困ってるから助けて』

と、勇気を出して頼ってみましょう。

人がひとりで生きていけないのは、大神様が命あるものに望む世界が、頼り頼られる、助け合いの世界だからです。

誰かに頼って助けてもらったら、今度はあなたが誰かを助けてあげればいい。

みんながそう生きれば、あなたも、この世もきっと、変わります。

LINE@の登録はこちらから↓
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてください)

◇◆~event~◆◇

《名古屋》
◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(6月は16日)

《限定企画!東京版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 東京真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】7月・8月募集!出張ツインセッション in ヒルトン東京お台場 残り4枠!!
詳細はこちら

《限定企画!大阪版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 大阪真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】8月・9月募集!出張ツインセッション in ヒルトン大阪 残り4枠!!
詳細はこちら

弥勒の世へ行くためにの最近記事

  1. 自分の魂の『本当の想い』を出し、魂の望む本当の幸せの道を選ぼう

  2. このお盆から《魂がよろこぶ》ことをしよう!

  3. 幸せになるために あなたの「自分軸」をしっかり立てる。

  4. 必要な経験則を積んだあなたの能力は、求められる人と場で発揮される

  5. 神様は見ている!! すべてはあなた次第

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 弥勒の世へ行くために

    自分の魂の『本当の想い』を出し、魂の望む本当の幸せの道を選ぼ…
  2. メッセージ

    2019年夏、人生を魂のままに生きるために必要な「己を表現す…
  3. 弥勒の世へ行くために

    このお盆から《魂がよろこぶ》ことをしよう!
  4. 弥勒の世へ行くために

    幸せになるために あなたの「自分軸」をしっかり立てる。
PAGE TOP