スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. 魂と心のしくみ
  2. 236 view

『本当のあなた』を思い出し、魂のままに人生を生きる時

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(11月は18日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎自己信頼と愛を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

自己信頼と愛を想い出し
魂のままに生きる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

日本の子供は、肌や目、髪の色がアジア人種と異なる人がいると、排除しようとする心理が働きます。

これは生まれてからずっと、みな似た見た目のアジア人種に囲まれて育ち、その環境が安全であると認識しているからです。

まずは見た目で安全か危険を判断する、単純な生存本能です。

この見た目で安全か危険か判断する生存本能。

単に見た目のみで判断するなら、障害者、と呼ばれる子が近くにいたら、子供たちは排除しようとするはずです。

(決して差別をしていないので、その点はご理解願います)

ところが、戸惑うのは一瞬。

すぐに手助けをしたり、仲間に入れようとし出します。

日本古来から根づいている、生存本能を超えた『思いやりの精神』。

そして宇宙の真理である『みな仲間』のエネルギーが、魂から発動するからだと、ツインは感じています。

なのに大人になると、障害者と呼ばれる方々を排除しようとする人が増え始めます。

すべての大人がそうなるわけではありませんが、明らかに異質なものを見る目で遠目に見ている。

思いやりだけでなく、「みな仲間」のエネルギーも、その大人たちからは感じられないのです。

現在の日本の総人口、約1億2600万人。

そのうち15歳以下は、約1500万人。
(義務教育までを子供、とします)

つまり日本に住む人の84%が大人であり、少なくともそのうちの80%は己の魂を忘れてしまっている状態、だと感じます。

子供でさえ、10歳も超えるとヤバい子が出てきます。

それは、子は親や周りの大人を見て育つから。

日本人が持つ『思いやりの精神』と「みな仲間」のエネルギーを忘れた状態は、実は悪神様に魅入られる状態なんです。

だからこそ、まずは大人が変わらなければなりません。

外国人でも日本人でもなく、健常者でも障害者でもなく、みな同じ地球人であることを思い出す。

あなたの魂が地球を選んで生まれてきた意味を、地球に何をしに来たのかを、思い出す必要があります。

そこに、日本人である『思いやりの精神』を思い出すのです。

表面的な思いやりなぞ、今の時代はもう必要とされてはいないのですから。

宇宙から降りてきているエネルギーは、もうそろそろ【再建】へと移行します。

あなたの原点である魂を思い出し、魂のお役目を果たしていく時にきています。

ツインを訪ねてきてください。

『本当のあなた』を思い出し、あなたの魂の望む人生を創るお手伝いをさせていただきます。

LINE@の登録はこちらから↓
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてください)

◇◆~event~◆◇

《名古屋》
◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(10月は21日)

《限定企画!東京版》
◎急ぎ自己を再建せよ!創造せよ! 東京真楽 -SHINRAKU-
◎出張ツインセッション in ヒルトン東京お台場

魂と心のしくみの最近記事

  1. 必ず思い出せる。魂が持つ『基本的信頼』と人生の幸せを

  2. 「自立」と「依存」の子供心〜親が指し示す自立の灯火までは距離がある〜

  3. 思春期の子どものまなざしが語るもの

  4. いじめをなくす近道の子育てとは

  5. プライドは思春期の子どもの命そのもの

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 魂と心のしくみ

    必ず思い出せる。魂が持つ『基本的信頼』と人生の幸せを
  2. 弥勒の世へ行くために

    人に助けを求めることを、恐れず良しとする!
  3. 弥勒の世へ行くために

    幸せの花を咲かせるために
  4. メッセージ

    あなたの本心からの声を聞かせてほしい
PAGE TOP