スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. ツインの日常
  2. 159 view

諦めないで、愛と信頼を

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(9月は15日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎自己信頼と愛を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

自己信頼と愛を想い出し
魂のままに生きる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

諦めないで、愛と信頼を

誰かを、愛し続ける。

誰かを、信じ続ける。

人間にとって、愛し続けることや信じ続けることは難しい。

血の繋がった家族間でも、揺らぐことのある愛、信頼。

ましてや血の繋がらない他人同士は、ちょっとしたことですぐ、揺らいでしまう。

どうしてなのか。

ずっと愛し続ける、信じ続ける。

そう、決めていたのに。

動物の人間への信頼は、一度形成されたら二度と揺らぐことはない。

信じる力は人間よりよっぽど、強い。

もしかしたらその信頼は、動物にとって、愛なのかもしれない、と思ったりもする。

それも幼い子どものようにとても、純粋な。

純粋だから嘘をつかない。

嘘をつかないから、心と心がずっと繋がった心地良い関係でいられる。

現代人がペットを飼うのは、癒しだけでなく、絶対的な愛や信頼が得られない人間社会に疲れた、現代病に近いものかもしれない。

誰かを、愛し続ける。

誰かを、信じ続ける。

魂にとって、愛し続けることも信じ続けることも、息をするように当然のこと。

もともと愛と信頼のエネルギーで皆、繋がっていて、魂同士にそのエネルギーが流れ続けているから。

人間として生まれ変わっても、魂は愛と信頼を持ち続けている。

ただ・・・心が陰の思いや感情でいっぱいになってくると、見えなくなる。

わからなくなってしまう。

愛と信頼がわからなくなってしまうと、人間が一番怖れる『孤独』を感じるようになる。

孤独は心を苦しませ、苦しませ、苦しませ。

でも生きなければいけないという本能(魂)が働き、結果、自分の苦しみを和らげるべく、人を責める。

責める行為の裏で、愛してほしい、信じてほしいと、無意識に願いながら。

本当は、愛したい。

本当は、信じたい。

裏切られても、非難されても。

だって魂はずっと、愛し続け、信じ続けている。

自分自身の心に負けないで。

本当は、愛し続ける。

本当は、信じ続ける。

あなたの魂を、愛して信じてあげて。

そうすれば、魂の持つ神の力がいつかきっと、愛と信頼をあなたのもとに運んでくれる。

だから、諦めないで。

LINE@の登録はこちらから↓
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてください)

◇◆~event~◆◇

《名古屋》
◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(9月は15日)

《限定企画!東京版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 東京真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】8月・9月募集!出張ツインセッション in ヒルトン東京お台場 残り3枠!!
詳細はこちら

《限定企画!大阪版》
◎【新着】宇宙イチわかりやすい地球での生き方セミナー 大阪真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【新着】9月・10月募集!出張ツインセッション in ヒルトン大阪 残り4枠!!
詳細はこちら

ツインの日常の最近記事

  1. 諦めないで、愛と信頼を

  2. 私はおかあさんが嫌いなんです。〜後編〜

  3. 私はおかあさんが嫌いなんです。〜前編〜

  4. 礼儀作法とは何なのか知ってますか?

  5. 魂の目的を知るには、ある習慣がモノを言う

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 魂と心のしくみ

    ツインソウル 眞證の「月を見て物思いにふける」「放下着(ほう…
  2. お知らせ

    2020年1月・2月 東京・大阪真楽&出張セッション日程決定…
  3. メディア

    『1』がすべて揃う日に出版社が決まりました!
  4. 弥勒の世へ行くために

    仏さまの心と向かい合うと自分の心が見えてくる
PAGE TOP