スピリチュアルケア、サイキック、命輝く真実の生き方、愛と絆の宇宙真理の法則、潜在意識等、様々な役立つ情報を紹介するNAGOMI公式ブログ

  1. ツインの日常
  2. 174 view

魂の目的を知るには、ある習慣がモノを言う

■LINE@始めました!
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてくださいね)

お友達追加をしてくださったあなたには
運命が変わるプレゼントを差し上げています。

オフィシャルウェブサイト
セッションの詳細はこちら

◇◆~infomation~◆◇

◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(6月は16日)

◎スピリチュアルWEB情報雑誌
『TRINITY WEB』 コラム連載中

◎自己信頼と愛を想い出し、使命を全うするための無料メルマガ
《ツイン弥勒白書》登録はこちら

自己信頼と愛を想い出し
魂のままに生きる人生へといざなう
名古屋の在家出家ツインソウル
眞證(しんしょう)&慈敬(じきょう)です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

ずっと頭の中で過去の経験を考えている人はいませんよね。
日常生活等の今やるべきことで頭がいっぱいなはず。

が、ふとしたきっかけで、過去の記憶を思い出すことがあります。

・息抜きをした時
・懐かしい品を見つけた時
・古い友人に会った時
・思い出の場所に行った時
・どこかで嗅いだ香りに遭遇した時

思い出そうとして思い出すのではなく、偶然をキッカケに思い出すことが多くあります。

この偶然、実は偶然ではありません。

魂が魂の目的を思い出すために、この世で必要だと感じたものを引っ張り出す、最初のメッセージになっているのです!

何事も偶然はなく、必然だと言いますが、思い出す過去の記憶だけでなく、偶然の直感やひらめきなども、
実は覚えておいた方が良いのです。

偶然に思い出す過去の記憶や直感・ひらめきなどは、ノートにメモをしたり日記につけることが大切です。
一度忘れてしまっても、それを読み返せば思い出せますし、当時は意識してできなかった違う観点からの気づきを促してくれます。

地球での魂の目的を思い出したいあなたには、なんとも心強い味方ではないですか。

ツインも常に専用のノートやスマホのメモ機能に、メモを取っています。
おかげさまで仕事や魂の本音を浮上させるのに、とても役立っていますよ。

メモや日記には、この偶然のものだけでなく、思ったことや感じたことはこまめに書くのが良いですね。

こまめに書く習慣をつけると、いつのまにか魂や潜在意識から浮上するものも書き記しているため、
これまた魂の目的を知るために有効です。

直接魂の目的を思い出せない場合でも、魂の目的に必要な本当の自分を知るためのパーツになります。

一番の敵は『めんどくさい』(笑)ですが、今の人生を変えるために魂の目的を思い出したいなら、
その甘えこそ忘れてしまいましょう。

忘れたことまで忘れてしまうことを繰り返していると、もう手の救いようがなくなってきます。
そうなる前にメモや日記につける癖をつけてください。

『習慣化』すればもう、大丈夫です。

LINE@の登録はこちらから↓
友だち追加
LINE@ ID:@nagomitwin
(検索時には「@」も入れてください)

◇◆~event~◆◇

《名古屋》
◎究極のレベルアップ!魂と心と頭の月いち勉強会
真楽 – SHINRAKU – 毎月第3日曜日開催(6月は16日)

《限定企画!東京版》
◎魂の望む真の人生を思い出せ!魂と心と頭の勉強会 東京真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【5月・6月募集!】出張ツインセッション in ヒルトン東京お台場 残り4枠!
詳細はこちら

《限定企画!大阪版》
◎魂の望む真の人生を思い出せ!魂と心と頭の勉強会 大阪真楽 -SHINRAKU-
詳細はこちら

◎【5月・6月募集!】出張ツインセッション in ヒルトン大阪 残り1枠!!
詳細はこちら

ツインの日常の最近記事

  1. 私はおかあさんが嫌いなんです。〜後編〜

  2. 私はおかあさんが嫌いなんです。〜前編〜

  3. 礼儀作法とは何なのか知ってますか?

  4. 魂の目的を知るには、ある習慣がモノを言う

  5. この10連休〇〇した人が弥勒の世に行ける!かも!

関連記事

メールアドレスを入力



最新記事

おすすめ特集記事

  1. 魂と心のしくみ

    必ず思い出せる。魂が持つ『基本的信頼』と人生の幸せを
  2. 弥勒の世へ行くために

    人に助けを求めることを、恐れず良しとする!
  3. 弥勒の世へ行くために

    幸せの花を咲かせるために
  4. メッセージ

    あなたの本心からの声を聞かせてほしい
PAGE TOP